● Studio-KAWASEIの特殊技法(研磨・腐食)の紹介

ステンドグラスの特殊技法(研磨・腐食)の紹介

〈 研磨技法 〉

光線透過率95%ドイツ、ショット社製光学ガラス(厚さ30㎜)の断面をシャープに切り削ぎ、研ぎ澄まされた輝きの中に、光線の異常屈折によって光の光彩だけを映し出す蜃気楼のような光と影のアート、手吹きガラス特有の流動的変化と融合によって過去、現在、未来の想像を感じ得る従来の平面的ステンドグラスから脱皮した神秘的且つ、ダイナミックに表現する技法。

〈 酸腐食技法〉
サンドブラスト機械によるスリガラス状の色抜きではなく、手吹き2層3層の着せガラスを特殊装置ボックスの中で劇薬フッ化水素酸を使い100%手作業によって、クリアー抜き、グラデーションと色着せ部分を溶解する技術により、ガラスに絵付けをすることなく、ピース1枚1枚のガラスを数色に変化させながらガラス元来の輝きと質感を生かす技法。
研磨技法
腐食技法

奈良事業本部 〒631-0061 奈良市三碓町2250-3 TEL0742-44-2625 FAX0742-44-2613

 Copyright© 2014 studio-KAWASEI   ALL  RIGHTS RESERVED.